Home :: Discography :: Heprcam "COHCOX"
cohcox

CD INformation

"COHCOX"

heprcam+"Hypericum" on "watergreen" is their first recording,and esteemed by various people. Mihoyo Tsubokura who is well known as vocalist of suport member of cinq,and uplight bassist Tatsuya Koda,and Junichi Haruki who is engineer and suport member of TELA.1st album of heprcam.COHCOX means "Listen" in Mongolian. all songs written and composed by Mihoyo and arranged and programed by Tatsuya and Junichi. Tatsuya Koda and Junichi Haruki plays electronic groove like a wave and Mihoyo Tsubokura sings like a oriental wind.

This album is produced by Masaaki Takemura,a.k.a.cinq and masterd by Ken'ihi Itoi(PsysEx),art direction by KenIhiro Hoshi(snoweffect).

heprcam plofile



Comment

These like the colors of leaves transparant by sun lays,or smells of clean air after the rain,or reverberation of dreams at morning...... the songs and musics like such a delicate and beautiful everyday's phenomenon beyond the expression. 

[Hirono Nishiyama(Gutevolk)]


最初にデモCD-Rをもらったときのこと、まだよく覚えてます。手作りの不思議なジャケットの。これはリリースしないと、と思って、今だから言えるけど、勝手にコピーして配ってました。(←ゴメン) プロデューサーっていうより、広報担当ですね。ヒペリカムの音は、エレクトロニカっぽくもあるけど、バンドの音だと思います。適度に尖ってて、だから聞きやすいのかも。穏やかで、強い。

[ cinq ]


HYPERICUMは夜空の星からの響き。
彼らのデモを聴いた時の衝撃は凄かった。久しぶりに僕を宇宙のかなたへ連れて行ってくれるグループが現れたなぁ、という感じ。HYPERICUMは夜空の星からの響き。涙がチラッと。

[ Taichi(日本音楽選曲家協会No.236) ]


ヒペリカムとは弟切草、薬草の秘密を漏らした弟を斬るという神話的な起源説話を持った中央アジアの高山植物のことらしい。セントジョーンズワートという抗鬱ハーブが作られる。 毒薬のような、薬草のような、清々しく突き刺すようにシャープで、それでいて時折可憐な表情をみせる不思議な音楽。 何も調べてなさそうなのに名は体を顕わしおまけにタイトルはモンゴル語なんて、どっから見つけてくるんだか、エレクトロニカをベースに新しい世代からまたこんなに新鮮な音楽が現われて嬉しい限りです。

[星憲一朗(snoweffect)]

Track list

01.dionnaSample MP3
02.untitled 1Sample MP3
03.hypericum (hyper float)Firo Remix Sample MP3
04.kankyou
05.echo
06.mugiiro komachi
07.bekko
08.sincere
09.hypericum


Sample MP3sample mp3